マゾヒスト向けのサークル・・いわゆるSMクラブではない、つまりプロの女王様ではなく素人のS女性との間を取り持つ要素を持つサークルという意味で捉えて戴きたい。
今でもそうですがマゾヒストは素人女王様、素人S女性という言葉に極めて弱い。なぜならば自分の思いを願望として身近な女性に置き換えて想像している場合が多いため理想のS女性像を勝手に作りこんでしまうからだ。
もうひとつ進んだ見方で言うと素人S女性様の場合はプレイというより生活密着型の奴隷経験やまさに全てを支配して戴けるという全支配型の被虐妄想を抱けるからではないでしょうか?海外ではLife style Mistressという言葉にあるように既にそのようなジャンルのミストレスが登場しているのも肯ける。
美芸会
      
こちらの写真は海外のコミュニティサイト 米国YahooGROUPSのWhite slaveの中にアップされています。もちろん無料サイトですが米国Yahooへの登録が必要です

美芸会の情報をお持ちの方はぜひメールにてお知らせ下さい
1970年代後半、静岡県清水市に彗星の如く現れた美芸会はSMクラブの走りでもある団体ですがここはやはりサークル(同好会?)と捉えておいた方が賢明ではないでしょうか。
立花冷子様率いるこの団体はマゾビデオを世に送り出し、マスコミにも多く取り上げられてまさにマゾヒストの救世主的な存在だったのです。会員800名以上にもなったこの美芸界はSとM両方の色彩を有していた。
その後、東京の西新宿に姉妹団体として誕生したのが松田企画だ。この松田企画こそがマゾヒスト向けのSMサークルの出発点だったと思います。
この松田企画には立花玲子様はもちろん、木村みどり様
、水野美栄子様、松田麻美様などが在籍され多くのM男性の御調教を行っていました。
なぜここまで立花玲子様がマゾヒストに支持を受けたかというとS女様の風貌もあったがその言葉責めの歯切れのよさだったのではないかと思う。
それまでのマゾプレイはどちらかというと言葉よりも体中心の責めだったが玲子様はそれを見事に合体させビジュアル的にも楽しめるようにしました。そのためビデオがかなり売れたののも頷けます。
玲子様のお言葉
「なんだいその体は?まるでブタだねぇ。ほらブタ。ブーブー鳴いてごらんよ」
「バカ!お前の脳みそには何が入ってるんだい。八丁味噌?でも入れておいで!」
「お前みたいなのでもこうして座布団代わりに敷けば少しは役に立つかしら」

今でもあの高らかなお声が耳に残っています。

奴隷バンク
1980年代に入りSMもかなり明るみに出てきたが相変わらずマゾにとっては肩身の狭いものだった。
そして登場したのが奴隷バンクなるものだった。
素人の女性が奴隷となる男性を目利きして契約するというものであった。
この会の最大の特徴はお金を出すのが女性で男は買われるといったものだろう。これでしばらく採算が取れていたと言う事はそれなりに需要があったのでしょう。
私の覚えでは全部で3つほど存在したと思われます。(巣鴨・西日暮里・高田馬場)いずれも短命であったがその内のひとつの出来事をブログに詳しく書いていますのでそちらをご覧下さい。

隷飼会
奴隷バンクがなくなりしばらく立った後、80年代後半になるのであろうかマゾヒストにとって実に気になるひとつのサークルが広告に載った。
その名も専属奴隷育成サークル「隷飼会」である。
広告に載ったうたい文句は「さらばMよ。奴隷よきたれ!」だった。この広告の文章をみると主催者はS趣味のある女性になっていました。
広告の文章はこうです。

私は20代身長176cmのS趣味を持つ女王です。数年前から、プライベートで何人かのM男とプレイをしてきました。しかしお互いの社会生活を尊重したが故に、限られた時間内でお決まりの道具を使っておざなりの学芸会の延長的な内容になってしまい却ってストレスが増長されてしまいました。
一方で
マリーアントワネット・クレオパトラ・楊貴妃などの関連書物を読むにつけ当事のような完全に束縛された、私の意のままに働く本物の奴隷が益々欲しくなりました。
私はいわゆる「M男性」と「奴隷」とは本質的に異質なものと考えます。「希望調教」の名のもとに自らの肉体的快楽を得るために女王様に様々な奉仕をさせるのが「M男性」。一切の人格を捨て女王様の意のままに心底からお仕えするのが「奴隷」だと思います。
そしてこう続きます。
私は一般に「M男性」が圧倒的といわれる中であえて少数派の「奴隷志願者」に的をしぼったわけです、
自前のハーレムを持つまで私は決して逃げないし、いつまでも奴隷達のうえに君臨していきたいと考えております。

次にシステムのご案内を致します。専属奴隷育成サークル「隷飼会」は日本初の本格的専属奴隷育成機関です。当会に登録されますとS趣味女王様による渾身の調教が受けられます。更に最高設備・専門技術を駆使して真の奴隷形成をはかって参ります。また、、過去の病歴など健康にも十分配慮した審査を行いカルテを作成しております。
当会では一切の人格を捨て女性様に絶対服従できる奴隷志願者のみ受け付けております。従って好奇心や肉体的欲求を満たす為だけの参加はお断り致します。
なお、登録希望者は、体を清潔にして、電話予約の上、来会して下さい。

そしてSMクラブの関係者よりの言葉
「合宿調教・野外実習・奴隷セリ市。宿泊ができる飼育室・奴隷牧場を作りたいのです・・・・・・中略・・・・・・彼女が理想とする奴隷牧場・女王帝国の建設も不可能ではないかもしれない。・・・きっと道が開けるものと確信し「隷飼会」の運営確立を心より祈念致しております。
レディースコミックに掲載された広告
私は20代のS趣味をもつ女王です。
今春より専属奴隷育成サークルを主宰して参りましたが、今般全国のS趣味を持つ女性に私が飼育した多数の専属奴隷を貸し出す事に致しました。
炊事・洗濯・掃除はもとより、ストレス解消に大いにご活用下さい。20代〜50代まで、お好みのタイプを奴隷リストより選べます・お仕えする飼い主様のご命令には一切の人格を捨て絶対服従するように厳しく躾けてありますから安心してご活用下さい。興味をお持ちの方、私と一緒に精神的にも肉体的にも男性を支配したいと思っている方是非ご連絡下さい。
また
M願望の女性も受け付けております。
お気軽に御問い合わせ下さい。
専属奴隷育成サークル     隷飼会
そして女性からのメッセージ
そして最後に・・
S趣味を持つ女性の下で専属奴隷としてお仕えしたい者は、紹介料2万円を添えて事務局まで申し込みなさい。
*紹介資格は登録と育成受けたものに限られます。


真性Mの方なら涎を流しそうな何とも魅力的な広告でした。しかしよく読むとかなり矛盾している所や営業向けの内容になっていたりします。(色を付けておきました)
さらに最後の料金ですが
登録料 +   育成料   そして 紹介料と膨れていきます。
私はこの時、多くのS女性様とお付き合い戴いていたのでこの会の事はよく全く分かりませんでしたが、かなりの数のM男性がこの会に登録したのはいいが全く音沙汰がないなどのトラブルが多発したと聞いています。
そしてこの育成段階にはSMクラブの女王様が調教(プレイ)をしたようですが詳しい事はわかりません。

実際にこの会で専属奴隷になった方がおりましたらぜひ教えて下さい。(いないと思いますが)
ちなみに実際の広告では女性の目線は入っていませんでした。